就農情報

須高地域の共撰所で露地ぶどうの出荷が始まりました

露地栽培のぶどう出荷がスタート

共撰所

須坂市内には3ヶ所のぶどう共撰所があります

須高地域のJAながの各共撰所で、露地栽培されたぶどうの出荷が始まりました。

まずはナガノパープルと巨峰からスタート。9月半ばからシャインマスカットが続くと出荷量は一気に増えて賑わう日々が続き、出荷は11月上旬まで続きます。

須坂市内には3ヶ所のぶどう共撰所があります。

・須坂共撰所
・須高ぶどうターミナルセンター
・高甫ぶどうセンター

各農家が生産したぶどうは、品種ごとに定められた規格で選果・荷造りされ、最寄りのJA共撰所に持ち込まれます。

共撰所では、品質などを確認されたあと分荷作業され、その日のうちに東京、大阪、名古屋などの各卸売市場に運ばれていきます。

きじまる
きじまる
作業している人の中に新規就農者の顔も見かけるね。
いわた
いわた
自分も荷役作業のお手伝いに行っているよ。
きじまる
きじまる
多くのぶどうが並ぶから“見る目を養う“良い機会になるんじゃないかな?
いわた
いわた
勉強になるし、あとは人の交流が生まれるからいい機会かもしれないね。

新規就農者にとって、販売先・販路の確保は重要なテーマです。

自分がつくった農作物をどこにどう販売するかは自由で、個人販売やグループ出荷など様々な選択肢がありますが、新規就農者(特に独立1年目)はノウハウの蓄積が少ないことから、まずはJAの出荷規格に沿った房作りを行いながら、JAに出荷するというケースが多いようです。

数多くの房が出荷され、地域の品質基準や評価などを最前線で見られる・知ることができるため、共撰所で働くことも良い経験になるかもしれません。

ナガノパープル

▲共選所に出荷されたナガノパープル。丁寧に包装された房がたくさん並んでいる光景は圧巻です。

ABOUT ME
いわた
この記事を書いた人。自分が受けている恩恵を、これからの誰かに繋いでいきたいという想いと、きじまるクラブの存在を全国に発信したいという気持ちでWEBサイトを設立。グループの活動記録や各種情報などを発信していきますが、本業もあるのでゆるーく更新しています。