活動記録

2020年 きじまるクラブ活動2│坂城町農業クラブのメンバーと交流しました

長野県坂城町を訪問しました

営農方針によって剪定の考え方は異なる

2020年の第2回目となるきじまるクラブの勉強会は、1月21日(火)に長野県坂城町を訪問し、若手就農者を中心とした「坂城町農業クラブ」のメンバーとの交流会を実施しました。

まず第1部として、坂城町農業クラブのメンバーである石間様と丸山様の園地にお邪魔し、それぞれの営農方針による剪定を実践してもらいました。

石間様の園地では質の高い実を成らせる方針のため、余分な枝は残さず、夏季の枝管理などを極力省力化するための剪定方法。

丸山様の園地では収量増を意識した方針のため、種枝を多めに残して着房数を多めに取る剪定方法と、考え方の異なる2種類の剪定方法を見学することができました。

きじまるクラブは研修生が多いメンバー構成だったこともあり、丁寧に講義形式で教えていただくことも多く、参加メンバーにとって大変勉強になりました。

また、第2部として実施した懇親会では、積極的に情報交換するなどして、有意義な訪問となりました。

ご多忙の中ご都合をつけていただいた坂城町農業クラブのメンバーの皆様や、JAながの営農技術員の峯村様、長野県農業改良普及センターの中村様には、今回の機会を設けていただいたことを感謝いたします。

ありがとうございました。

▲どの枝を残してどの枝を切るべきか…。屈んで下から見るなどして各参加者が考えています。剪定の考え方は人によって異なるため、それぞれの意見を聞くことも参考になりますね。

ABOUT ME
いわた
この記事を書いた人。自分が受けている恩恵を、これからの誰かに繋いでいきたいという想いと、きじまるクラブの存在を全国に発信したいという気持ちでWEBサイトを設立。グループの活動記録や各種情報などを発信していきますが、本業もあるのでゆるーく更新しています。